F1などカーレース観戦が好き彼女を作る出会い|自動車レース会場など、SNSやナンパ等。

 

はじめまして、ヒロキといいます。
僕は多趣味で、自動車レース観戦も、その1つです。

F1だけでなく、
国内など色々なカテゴリーに、
小学生ぐらいから興味を持っています。

カートレースなども結構本格的にやっていた経験があります。

ところで、カートやアマチュアの4輪レースに実際参加している場だと…

レースに出ている女性ドライバーというのも、
きれいなので魅力は感じますが、

メンタルを含めてカッコイイ男性ドライバーが非常にたくさんいるため、
女性ドライバーから見れば、周りに彼氏候補だらけ。

その中で恋愛というレースに勝つのは大変です。
僕は最初から、その勝負からは逃げていました(笑)

そこで良いと思ったのが、
「自動車レース観戦が好き」という女性なんですね。

 

F1などカーレース観戦が好き彼女を作る出会い①ツイッター等を使う|自動車レース会場など、ナンパ以外。

 

【SNSアカウントを作り、自動車レースの話題を出してみた】

SNSアカウントを作り、
色んなジャンルの話もしながら、
自動車レースの話題も出すようにしました。

注意点ですが、
自動車レース専門みたいなアカウントだと、
男性ばかり寄ってきます。

それもいいんですが、彼女作りには向かないですね。
音楽イベントに行ったとか、
料理を作ってみたとか、
昔の学校での経験とか、
話をある程度オールジャンルにしてみました。

すると時間はかかりましたが、
自動車レース好きの女性何人かと、相互フォローになりました。

もちろん話は弾みますし、
過剰に警戒されたりもしません。

なんというか、
何のテーマも共有していない男性から声をかけられたら、
女性は少し怖いと思うんですよね。

ここで良い展開があったのですが、

「レースを見に行きたいが、一人で行くのはちょっと…」

とつぶやいている女性がいたのです。

 


大偉

 

すでに何度も会話しているし、
地域的にも極端に離れてはいないので、
思い切って誘ってみました。

すると、OKだったのです。

野球女子、サッカー女子などは多く、
女性同士で観に行くことも多そうですよね。

でも自動車レースではそれがない、
というのが彼女の悩みだったんです。

山にとどろくエグゾーストノート(車の出す音)に包まれながら、
何度もサーキットに行きました。

レース中は音であまり話せなかったりするんですが、
その分というか、行き帰りに色んな話をしながらです。

別にこの時点では友達って感じでしたけど、
思い出は増えていきました。

「目の前を走るプロレーサー達に比べれば、僕はかっこ良くないなあ」
てことは結構思ったんですけど、
サーキット通いを続けるうちに、自然と親しくなっていけました。

一般にあまり女性受けしないタイプのスポーツ観戦て結構あると思うんですよ。
あるいは、女性同士で行くブームになってないだとか。

それらが好きな女性の「観戦パートナー」から、
恋愛に発展することってあるんだ、とわかりました。

 

F1などカーレース観戦が好き彼女を作る出会い②ナンパ|自動車レース会場など。

 

【都市部での、自動車レース関連イベントに行ってみた】

自動車レース観戦が好きなら、
サーキットでナンパすれば良いんでは?
なんて思うかもしれませんが、
自動車レースを見ている彼女たちは真剣ですし、かなり難しいです。

そして僕はナンパを昔してみて、
全然上手く行かなかったのが一番大きいです(^_^;)

ですがある時、
都市部で行われている、
レース関係のイベントに行ってみたんです。
するとやっぱり、一人で来ている女性がポツポツいるんですね。

自分が走る場合のサーキットとは異なり、
周りの男性はレース「ファン」ですから、
こう言ったら何ですが、そんなに「負けそう」と臆することはありません。

思い切って、
声をかけてみることを何度かしました。
いわゆるナンパをしました。

やはりちょっと警戒されますけど、
一旦話が弾みだせば、あまり問題ないですね。

たとえば帰りにカフェに寄り、
そこでもう、僕は徹底的にレース観戦話です。

もちろん向こうも、
応酬のように熱いレースへの思いをぶつけてきます。

一般に、
男性が一方的に好きなスポーツの話などをすると、
あまり話は弾まないものですよね。

 


闇月千瞳

 

「モテにくいタイプの男性」にも当てはまると思います。
しかし、好きなスポーツが同じであれば、話は全く違うものです。

カート等が中心とは言え、
レースをする人の心理は体験しているので、
「このドライバーは、いま何を考えているか」なども僕はだいたい分かるんです。

「アナウンサーは大騒ぎしているけど、このクラッシュより、前のレースのあのミスの方を彼は気にしているはずだ」
とか、そういう話も、熱心に聞いてくれました。

そしてこの女性とも、
何度かイベントに行く、というのを繰り返しました。

やはり、
この女性も「一人で行く」ことに抵抗があったようなんですね。

また、レース話をできる相手も、ほしかったそうです。
あんまりそんな声かけを繰り返すのは良くないと思いますが、
自然な流れなら、良いと思います。

 

F1などカーレース観戦が好き彼女の素晴らしさ|自動車レース会場など、SNSやナンパ等の出会い

 

【自動車レース観戦好きの彼女を作るメリット】

自動車レースは、
危険性もあり非常にストイックなスポーツです。

好きなドライバーができ、
それを見守ることは、切ないぐらいです。

もちろん性別を問わず、
ドライバーに対して、僕はそういう気持ちを抱きます。

「切ない。好きにならなければよかった」なんていう、
女子っぽい気持ちすら湧いてきたり…。

それゆえか、
自動車レース観戦が好きな彼女では、
真面目なタイプが多いと感じます。

見かけ・雰囲気に関わらず、ものの考え方が真面目です。
また、どこか「熱い」ですね。
浮ついた感じのない、真剣な交際ができると感じました。

またとにかく話題が尽きないため、
多少疎遠になっても全く切れてしまうことは少ないです。

一般に友人関係が長引くと恋になりにくい、とも感じますが、

レースファン同士では、
長い友人関係を経てから交際に至るパターンも、
多いだろうと感じましたね。

 

 

「友達のままだとまずい、距離を詰めないと」
と感じにくいのもメリットに感じました。

イベントもそうですが、
特に一緒にサーキットに行けば、一日がかりです。

たとえまだ友人にすぎないとしても、
自然いっぱいの山の中に、何度も一緒に行くことになります。

だから、無理をしてデートっぽいことを仕掛けなくても、自然と距離が縮まります。

これは特に、
「押し」が苦手な男性には、大きなメリットですね。
男女を意識しだすのは、その後でも全く問題ないわけです。

ゼロから唐突にデートっぽいムードに持ち込むより、
はるかに自然に感じます。

また誕生日プレゼントなども、
ミニカーを交換し合ったり、
時には男性の好きなものでも良いのです。

自分の好きなことと恋愛が両立できるのは、良いものです。

 

F1などカーレース観戦が好き彼女が欲しいあなたへ|自動車レース会場など。ナンパやSNSの出会い

 

自動車レース観戦が好きな彼女では、
まず「一緒に観戦してくれる男性」を求めていることがあります。

「男性でなくてもいいが、男性でも良い」
というぐらいの気持ちの人も多いと思います。

そうした女性とは、
いきなりサーキットで出会うのではなく、
ネットなどのほうが自然に親しくなりやすいですね。

僕は経験がないですが、
一昔前では、
雑誌の文通欄などから友人になり→交際・結婚に至ることもあったそうです。

ネット等で親しくなったら、
現地観戦友達になることからはじめて、
自然に距離が詰められます。

 

 

もちろん事情によっては、
そのまま友達でも楽しいものです。

また、イベント等でも親しくなることは可能です。

「まず自分の好きなことを素直にネットなどに書いてみる」
というのは、ポイントですね。

時間はかかるかもしれませんから、
出会いを探すことのメインにはできないかもですが、
マッチする女性と出会えるチャンスになります。

 

F1などカーレース観戦が好き彼女を作る出会い③恋活サイト|自動車レース会場など、SNSやナンパ等。

 

今、ツイッターやナンパを使って、
カーレースが好きな女性に出会う方法を紹介しました。

ですが僕も感じましたが、
ナンパはやはりかなりのハードルですし、
難しいです。

また、ツイッターはかなり時間がかかりますし、
苦手な人は多いですよね。

僕は他にも恋活サイトを使ったのですが、
数少ないカーレース好き女子がかなりいます。
直接の出会いよりも圧倒的にチャンスは多いと感じました。

 


David-Photo-Studio

 

マッチドットコムというサイトを使いましたが、
他のアプリやサイトより人もすごく多いですし、
セキュリティのチェックも24時間です。

無料で始められるので、
カーレース好きの可愛い彼女をつくってくださいね!

>可愛いカーレース好き女子を彼女にする!マッチドットコム公式アプリへ